ジャストなタイミングでのクオンタイズ設定

画面上に用意された鍵盤などを使って演奏するとどうしても演奏のタイミングがイメージ通りにいかない事もあるかもしれません。
そうした場合に便利なのがクオンタイズ機能です。
ここでは先ずジャストなタイミング(スイングなどせずキッチリとしたタイミング)でクオンタイズする方法を説明します。
(この記事を書くにあたって使用したAuriaのバージョンはPro版2.05になります)

手順1.【Edit Window】上にあるクオンタイズを掛けたいMIDIリージョンをタップして選択します。
※選択されるとリージョンの枠が青くなって示されます。
Auria_0509_02_001

手順2.【Process】メニューから【Quantize】を選択します。
Auria_0509_02_002

手順3.【Quantize】ダイアログが表示されてくるので【Grid】プルダウンメニューからクオンタイズする際の最小単位を選択します。
例えば”1/16Note”を選択した場合には16分音符を最小単位として、リージョン内に記録されているMIDIノートのスタート位置を前後させタイミングを合わせます。
Auria_0509_02_003

手順4.【Length Grid】のプルダウンメニューではMIDノートの長さをどれくらいのタイミングで合わせるかを設定します。
※デフォルトでは”off”となっています。

手順5.【SWING】と【RANDAM】は反時計まわりにまわし切った状態に、【STRENGTH】と【WINDOW】は時計まわりにまわし切った状態にします。

手順6.【Preserve Note Lengths】はデフォルト設定のまま”ON”にしておきます。

手順7.最後に”OK”と書かれた箇所をタップすれば下記黄色の縦ラインで示したようにMIDIノートのスタート位置が”Grid”で設定した最小単位に合わせて調整されます。
Auria_0509_02_004

以上でジャストなタイミングでのクオンタイズ設定操作は完了となります。
※スイングやグルーブクオンタイズの機能は別途説明する予定です。

著者:辻敦尊(AT-Music)
www.at-music.net

※この記事を書くにあたって動作確認をおこなったAuriaのバージョンはPro版2.05になります。

ご注意
当サイトで紹介している記事の内容は参考情報の一つとしてお考えください。
記載している内容によって生じた結果や不具合、トラブルなどについては一切サポートや保証など致しかねます。