カメラ用プロンプターの紹介

皆さんはプロンプターという言葉を聞いた事がありますか?
ここではカメラ用プロンプター(テレプロンプター等とも呼ばれています)について紹介したいと思います。

はじめに
ここで説明する内容に合わせて動画でも具体的に説明してみましたのでこちらも合わせてご覧いただけたらと思います。


※上記画像をクリックするとYoutube上で公開している動画がご覧いただけます。

1.カメラ用プロンプターとは

カメラ用プロンプターとは簡単に説明するのであれば、
動画撮影用のカメラの前に設置できるカンペのようなものです。

例えば、正確に伝えなければならないセリフなども
プロンプターがあれば、読み手は暗記力などに頼らずに、
表示されている原稿を読みあげていくだけで済むようになります。

そして、カメラ脇などにカンペを設置した場合と比べて
目線をちゃんとカメラ目線で保つ事が可能にもなります。
mg_2810-01_002

その事による、出演者やスタッフの安心感は大きなものですし、
撮影に要する時間短縮にもつながります。

2.構造とセッティングについて

プロンプターの構造はシンプルで、ハーフミラーの特性を上手く利用したものになります。

mg_2810-01_003

具体的なセッティングはこのページ一番上にある動画を見ていただくとよくわかるかと思いますが、
カメラの前に適した角度でハーフミラーを設置し、
カメラとは反対側に鏡文字の状態で表示させたディスプレイなどを置いて
あとは余計な光や反射を防ぐフードをかぶせるだけです。

3.プロンプターに表示させる原稿の準備方法について

ここで紹介しているプロンプター製品「Prompter Duo」には
iPadで利用できる無料の原稿表示ソフトが提供されていますので、
そのソフトを使って直接原稿を入力し表示させたり、
メールで送った文章などをそのソフトにコピー&ペーストしてきたり、

DropBox経由でテキストデータ(拡張子.txt 文字コードはUTF-8が対応)を持ってくる事なども可能です。

また、用意した原稿の文字の大きさや色、反転表示(鏡文字)、
長い原稿などでは文字を読む速さに合わせてスクロールさせる事なども可能になっています。

mg_2810-01_001

更には、もう一つ無料で提供されている「Duo Remote」というソフトを使えば
iPhoneなどから原稿の表示に関するコントロールがBluetooth経由で遠隔から操作可能になります。

 

海外と比べるとまだまだ日本での認知度が低いツールだと思うのですが、
大変便利で心強いツールの一つだと思います。

私自身もプロンプター使い始めて大きな安心感が得られましたので
もし、同じように困っていたり、
原稿を暗記する事が課題と感じられている人がいたらと思ってここで紹介してみました。

参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

尚、今回紹介したプロンプター製品についての情報はこんな感じです。
メーカー:株式会社ページワン
製品名:「Prompter Duo」

http://www.pageone.co.jp/prompter/duo/index.htmlmg_2810-01_004

以上

著者:辻敦尊(AT-Music)www.at-music.net

ご注意
当サイトで紹介している記事の内容は参考情報の一つとしてお考えください。
記載している内容によって生じた結果や不具合、トラブルなどについては一切サポートや保証など致しかねます。