Cycling’74 Max 初期セットアップMIDI編

ここではCycling’74 MaxのMIDIに関する初期セットアップ操作と動作確認方法を紹介します。

◇初期セットアップ手順

手順1.Maxコンソールの【オプション】メニューから【MIDIセットアップ】を選択

手順2.【MIDIセットアップ】ウインドウが表示されてくるので目的のMIDIポートを入力・出力共にチェックを入れる
※MIDIインターフェースやMIDI機器をコンピュータに認識させるための作業はあらかじめ完了させておく必要があります。

手順3.上記操作を終えた後【MIDIセットアップ】ウインドウ右上に位置する×印をクリックしてウインドウを閉じる

◇MIDIポートの動作確認(MIDIインプットを例として)

手順1.Maxコンソールの【エクストラ】メニューから【MIDIテスター】を選択

手順2.【MIDI Tester】ウインドウが表示されてくるので①目的のMIDIポートを選択

手順3.②上記手順で選択したMIDIポートに接続したMIDI機器からMIDI情報を送信
※ここでは例として「UFX Midi Port1」に接続したMIDIキーボードからC3(ノートナンバー60)キーをベロシティ85で押さえた情報を送っています。

手順4.動作確認を終えた後【MIDI Tester】ウインドウ右上に位置する×印をクリックしてウインドウを閉じる

以上がCycling’74 MaxのMIDIに関する初期セットアップ操作と動作確認方法となります。

2017.3.21作成

著者:辻敦尊(AT-Music)
www.at-music.net

※この記事を書くにあたって動作確認をおこなったMaxのバージョンはWindows 64bit 版 Max7.3.3になります。

ご注意
当サイトで紹介している記事の内容は参考情報の一つとしてお考えください。
記載している内容によって生じた結果や不具合、トラブルなどについては一切サポートや保証など致しかねます。