楽譜作成ソフト Sibelius レッスンのご案内

Sibelius_Box_500x505

【楽譜作成ソフト Sibelius レッスン】

このレッスンは楽譜作成ソフト「AVID Sibelius」の初心者~中級者向けレッスンになります。

直感的な操作性で初心者にもわかりやすいと評判の楽譜作成ソフト「Avid Sibelius(シベリウス)」を個人レッスン形態でおこなっています。

講師はSibeliusのメーカーであるアビッドのオフィシャルサイトにも数多く登場し、Sibeliusのガイドブックなども執筆している辻敦尊氏、ご興味をお持ちの方は下記お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

—————————————————–
■料金:¥10,000(税別)/90分
■受講形態:個人レッスン
■対象年齢:小学生以上
■講師:辻 敦尊
Sibeliusのメーカーが主催するセミナーなどで講師を務めていたり、Sibeliusのガイドブックへ執筆協力などもしている辻氏が講師を担当しています。
http://www.stylenote.co.jp/books/isbn978-4-7998-0124-6.html
AtsutakaTsujiProfilePhoto
■会場:G-ROKS
http://www.groks.co.jp/
〒168-0073 東京都杉並区下高井戸1-15-12
G-ROKS_map
—————————————————–
●お申し込み・お問い合わせはお気軽にG-ROKSまで!!
TEL:03-3325-3311
FAX:03-3325-9990
E-mail:groks@groks.co.jp
—————————————————–
●受講までの流れ
1.電話やメールで日時とレッスン内容のご相談
2.レッスン受講日時の決定
3.受講前に受付にてレッスン料のお支払い
4.レッスン実施
—————————————————–

●レッスンで取り扱っている項目の一例
【初級者向け】
環境の基本セットアップについて、クイックスタートについて、スコアのスクロールや拡大縮小、マウスとテンキーによる音符入力、アルファベットキーを用いた音符入力、MIDIキーボードを用いた効率良い音符入力方法、リアルタイム入力したデータの見栄えを良くする方法、旗の向きや連桁の調整、臨時記号の入力、連音符の入力、装飾音符の入力、複数声部に分けた入力方法、タイやスラーの入力、強弱記号の入力、小節の追加・削除、音符や記号のコピー方法、リピートに関する記号などの入力、括弧やリタルダンドなどライン記号の入力、小節の追加・削除、歌詞やテキストの入力、コードの入力、リハーサルマークの入力、などなど

【中級者向け】
スイング(シャッフル)曲への対応について、調合や拍子の変更、楽器の追加・削除、譜頭の変更、ドラム譜の作成方法、アウフタクトやテンポ記号を後から追加する方法、表示の微調整方法、レイアウトの調整、ミキサーの活用方法、トランスポーズや移調楽器への対応、パート譜の作成と印刷、PDFや画像ファイルとしてスコアを書き出す方法、SMFやMusicXMLデータのインポート・エクスポート、追加音源での再生方法、ReWireの活用方法、リハーサルマークの編集方法、コード表記のカスタマイズ、などなど

—————————————————–
●よくある質問

・Sibeliusをインストールしている自分のノートパソコンを持ち込んでレッスンを受ける事は可能ですか?
はい、多くの方はご自身で所有されているノートパソコンを持参されています。

・一回だけでも受ける事は可能ですか?
はい、一回から受けていただく事が可能です。

・体験レッスンは受けられますか?
体験レッスンはおこなっておりません。

・Sibeliusを購入する前にどんなソフトなのかを知るために受講するのでもかまいませんか?
はい、問題ありません。購入前の相談を目的に受講される方も少なくありません。

・家ではデスクトップタイプのパソコンにSibeliusをインストールしているのでパソコンを持参できないのですが問題ありませんか?
はい、問題ありません。レッスン会場に講師用のパソコンが1台ありますのでそれを使ってレッスンを進めさせていただきます。

—————————————————–
●ご注意していただきたいこと
1.正規ライセンス製品をお使いになられていない方の受講は固くお断りしております。
2.レッスン時間内に楽譜作成の宿題手伝いなどを希望される方がいらっしゃいますが、レッスンの目的はSibeliusの操作習得ですので宿題などへの協力は一切お断りしております。
—————————————————–
以上

主催:株式会社ジーロックス(G-ROKS) http://www.groks.co.jp/
協力:AT-Music合同会社(エーティーミュージック) https://www.at-music.net/